FC2ブログ

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

プロフィール

Mic

Author:Mic
こんにちは、Micです。
某幼児教室勤務の傍らステンドグラス製作の助手を務め、自らトールペイント教室も運営。
家族はダーリンと、社会人5年生で新婚のタロサ。
大好きな手作りや日々の間抜けな生活ぶりを盛り沢山の内容で綴っていきたいと思います。
面白い!と思った方、コメント&拍手いただけると嬉しいです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大塚国際美術館に行ってきました♪

12月に入ってすぐ、今年もクリスマスツリーを出しました。
玄関にはグッズを飾って、クリスマスの雰囲気たっぷりになりましたよ

では今日も、引き続き溜まった記事をUPしていきたいと思います。


ちょうど一年前の11月29日に行った、徳島県の「大塚国際美術館」です。
※大塚国際美術館のHPはコチラ

この美術館は、「行って良かった美術館ランキング」で2位になっている美術館なんですよ。
2011年には、1位を獲得したこともあります

2011年のGWに「淡路島&徳島の旅」をした時、時間がなくて立ち寄れず、それ以来ず~っと行きたいと思い続けてた美術館なんです。
10月1日に、ゴッホの幻の「ヒマワリ」が追加展示になったというので、この機会にと思い立って行ってきました

朝7:30に自宅を出発して、10分後には松山ICへ。
高速道路をひた走り、3時間後には鳴門ICを降りて、10分くらいで美術館の正面玄関に到着。

大塚国際美術館1 大塚国際美術館2 正面玄関

が…駐車場は、ここからまだ先にある海岸沿い。
駐車場に車を停めてから、無料のシャトルバで再び美術館まで戻ってきましたよ

チケットカウンターで入館料を払って、いざ館内へ。

ちなみに…大人1人3240円也
大塚国際美術館は、入館料が日本一高いのでも有名
※JAFカード提示で150円の割引が受けられます

しかし、訪れた人によれば…
展示物がめっちゃ凄い!!と。

行って良かった美術館第2位は伊達じゃ~なさそうですよ。
そして、実際…チョー凄かったです!!


では、では…いざ入館!

大塚国際美術館3 長いエスカレーター

こちらの美術館は、ちょっと特殊な構造になっていて、到着した正面玄関が地下4Fになります。
このエスカレーターで、インフォメーションセンターのある地下3Fに上りますよ。


インフォメーションカウンターを通り抜け、目の前に見えてくるのが…
大塚国際美術館4 大塚国際美術館5 システィーナホール

実は…
この美術館に本物は一切ありません!
作品は、すべて陶板の複製画なのです。

全部ニセモノなのに、何がそんなに凄いかって?

すべて原寸大で作られており、写真撮影(フラッシュは禁止)はもちろん、作品に触り放題(笑)なんです

そして、なんといっても素晴らしいのが環境展示です。
古代遺跡や教会の壁画など、移送困難な美術品が環境空間まるごと再現されているのです。

のシスティーナ礼拝堂も、そっくりそのまま再現されていました。

もうね、初っ端から あ~んぐり

大塚国際美術館8  スクロヴェーニ礼拝堂

もちろん、イタリアの歴史的建造物も原寸大で再現。
青い天井が美しいですね。

大塚国際美術館6 聖ニコラウス・オルファノス聖堂

東ローマ帝国時代に建てられたギリシャ正教の聖堂。
壁画の剥げ落ちもそのまま再現されています。

大塚国際美術館7 秘儀の間

ポンペイ遺跡の秘儀の間も、「ポンペイの赤」が美しく再現されています。
左側の壁から中央の壁、そして右側の壁へと儀式の様子が描かれているそうです。

大塚国際美術館9 大塚国際美術館10 ギャラリートーク参加中

それぞれ「皇帝ユスティニアノスと髄臣たち」と「我が唯一の望みの」をバックに…

美術ボランティアのガイドさんと一緒に回ってきました。

展示作品について詳しい解説を聞けるので、作品の意外な魅力や歴史的背景などを知ることができて楽しかったです。
ただボーっと作品を眺めるだけでも「わぁ~っ」と圧倒されるのに、きちんと作品の内容を知るとますます興味が広がりますよね。


では、残りは有名どころの名画を一気にどうぞ~

大塚国際美術館11 ゲルニカ

中学生の頃、美術の教科書に掲載されていましたが、まさかこんなに大きな作品とは

大塚国際美術館44 ピカソギャラリー

大塚国際美術館12 現代テーマギャラリー

大塚国際美術館13 シャガールギャラリー

大塚国際美術館19 ミレーギャラリー

大塚国際美術館20 ルノワールギャラリー

大塚国際美術館14 モディリアーニ他

大塚国際美術館17 ゴッホキャラリー
大塚国際美術館18 幻の「ヒマワリ」

今回1番の目的が、この幻の青い「ヒマワリ」でした
第二次世界大戦中に焼失してしまった通称「芦屋のヒマワリ」と呼ばれている作品です。
二度とみることのできない作品までも、こうして原寸大に陶板で蘇えらせるなんて凄いですね。
背景のロイヤルブルーが印象的なヒマワリでした。


大塚国際美術館16 「皇帝ナポレオン1世と皇后ジョセフィーヌの戴冠」

大塚国際美術館21 「民衆を導く自由の女神」ドラクロワ
大塚国際美術館23 「受胎告知」マルティーニ

「受胎告知」は、他にも多数の作品が系統展示されていました。

大塚国際美術館24 「アテネの学堂」ラファッエロ
大塚国際美術館25  「ヴィーナスの誕生」ボッティチェリ
大塚国際美術館29  「夜警」レンブラント

大塚国際美術館22 「裸のマハ」と「着衣のマハ」
ゴヤ

スペインのプラド美術館と同様、着衣と裸を並んで鑑賞できます。

大塚国際美術館26 「最後の晩餐」(修復前)
大塚国際美術館27「最後の晩餐」(修復後)
ダヴィンチ

圧巻なのが、ダヴィンチの「最後の晩餐」です。
1977年~1999年にかけて大規模な修復作業が行われた「最後の晩餐」。
当然のことながら、もう修復前の作品を見ることはできませんが、ここでは修復前と修復後の作品を同時に鑑賞することができるんです!



大塚国際美術館28  「モナリザ」ダヴィンチ
大塚国際美術館36 「真珠の耳飾りの少女」フェルメール

この2つの作品なんて、これだけで美術展が開かれるほどですからね~

大塚国際美術館30  「キリスト昇架」リュベンス

日本のアニメ「フランダースの犬」で、最後にネロが見た絵ですね


大塚国際美術館31 モネの池
大塚国際美術館32 大塚国際美術館33 大塚国際美術館34
「大睡蓮」

池の周囲を取り囲むようにモネの「大睡蓮」が展示されています。
作品を屋外展示するなんて、退色劣化の心配がない陶板ならでは!ですね。

大塚国際美術館35 鳥占い師の墓
大塚国際美術館37 エルグレコの祭壇衝立復元
大塚国際美術館15 フェデリコ・ダ・モンテフェストの書斎

いかがでしたか?
大塚国際美術館に展示されている作品、約1000点。
私達はやや足早に、それでも約4時間かかって鑑賞しました。

ちょっと立ち寄ってみようか?程度では本当に勿体ない(入館料も高いし・笑)美術館です。
行かれる方は、ぜひゆっくり1日かけて、ギャラリートークに参加したりガイドさんと一緒に鑑賞されると、なお一層楽しめると思います。
たった1日で、世界旅行をしたような気分になれること請け合いですよ


大塚国際美術館38 センターホールのクリスマスツリー

この年はクリスマスツリーも、ゴッホの「ヒマワリ」をイメージして飾られてました。

大塚国際美術館39 屋上庭園

お昼前に一旦鑑賞を中断して、館内のレストランに向いました。
屋上庭園の向こう側に見えるのがレストランです。

大塚国際美術館40 レストランガーデンのメニュー

大塚国際美術館41 レストランガーデン内

大塚国際美術館42 海鮮丼1200円
大塚国際美術館43 テーマランチ1500円

ダーリンは「海鮮丼」を、私は「テーマランチ」をいただきました

テーマランチの内容は、「トスカーナ風チキンの煮込みドライプルーンの赤ワイン煮込み添え」でした。
パンがパッサパサで、いままで食べたパンの中で一番の不味さでした(笑)
そして、このメニューだとせめてサラダが欲しいですね~

ダーリンの「海鮮丼」の方がはるかに美味しそうだったので、そちらを食べればよかったな~


ブログランキングに参加しています。
やっと昨年の記事が書けました。 年内に残りどれだけUPできるかな~
この投票ボタンをポチッと押していただけると嬉しいで~す。
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。