FC2ブログ

人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

プロフィール

Mic

Author:Mic
こんにちは、Micです。
某幼児教室勤務の傍らステンドグラス製作の助手を務め、自らトールペイント教室も運営。
家族はダーリンと、社会人5年生で新婚のタロサ。
大好きな手作りや日々の間抜けな生活ぶりを盛り沢山の内容で綴っていきたいと思います。
面白い!と思った方、コメント&拍手いただけると嬉しいです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014GWの旅「宇和島」

ちょっと油断したら、またしても広告表示されてました

実はこの1か月間、両親の金婚式準備に追われて、ブログを書く時間が全然無かったんです~
その「金婚式」も無事に終わったので、また少しずつリアルタイムに追いつくよう、頑張って書いていきたいと思います

ではでは・・・
今更ながら、今年のGW記事が続きます

GW、前半はダーリンと映画に行ったくらいでしたが、後半の5月3日&4日は一泊で実家に帰省しました
タロサも一緒に帰省するのは昨年のお正月以来だから、一年半ぶり?

到着した日はの~んびり過ごして、翌日は徒歩で市内観光しましたよ
市内観光と言っても、実家から徒歩で行ける範囲をグルッとひと回りしただけなんですけどね~(笑)

さて
いざ出発 と思ったら、タロサは1人で「釣りに行く」と言うし…まぁ、もう一緒には行かんわな(笑)
結局、姪っ子ちゃんが 「一緒に行きた~い!」と言ったので
ちょっと怪しい(笑)3人組みで行ってきましたよ

最初に向かったのは、実家から徒歩で5・6分の「宇和島城」
徒歩5・6分と言っても、登山口にある上り立ち門までで、そこから天守閣までは更に15分くらいかかります。
※宇和島城公式HPはコチラ

宇和島観光2014.5.4-1 上り立ち門

フュージョンポーズで頑張ってみましたが
まるでおじいちゃんと孫ぷぷっ

とろこでこの「上り立ち門」、武家の正門とされる薬医門形式となっていて、現存する薬医門としては最大級のものだと言われているんですよ

宇和島観光2014.5.4-2 児島惟謙像

上り立ち門前の広場には、宇和島市出身で、司法独立の父と呼ばれた「児島惟謙像」が立っています。
どんな人
興味のある方はウィキペディアなどで検索してみてください

では、天守閣を目指して登山道を上っていきましょう!
宇和島観光2014.5.4-3 登山道の案内板

途中、何カ所か案内板が立っていますが、まぁ~あまり迷うことはないと思います(笑)

山の中腹には「城山郷土館」が建っています。
城山郷土館 城山郷土館

元は三之丸に建てられていた武器庫ですが、この場所に移築されて民俗資料などを展示しています。

遠足でお城山に来たことがあると言ってた姪っ子ちゃんも、この郷土館には入ったことがなかったので、中を見せてあげることにしました。
宇和島観光2014.5.4-4 城山郷土館内

宇和島観光2014.5.4-5 人力車

宇和島観光2014.5.4-6 駕籠

大きな物から小さな物まで、様々な資料が展示されていて、とても面白いです。
姪っ子ちゃんも興味津々で見てました
ちなみに、この資料館は無料で入れちゃうので、宇和島城に行かれる際は、ぜひ立ち寄って楽しんでください
あ、写真撮影もOKですよ

資料館で15分くらい時間を使ってしまったので(笑)、先を急ぎます
少し上ると、鬱蒼とした木々の隙間から左下の方に格子状の蓋をされた井戸が見えてきます。
宇和島観光2014.5.4-7 井戸跡

城山に現存する3つのうちの1つ、「井戸丸」と呼ばれる井戸跡です
城山の北側に位置します。
登山道からちょっと下って、写真撮影をしたら再び上って登山道に戻ります。
※ちなみに宇和島城へ上る登山道は2カ所あり、私達は南口の「上り立ち門」から上がってきましたが、この井戸丸を通る登山道は北口の「長屋門」から上がれるようになっています

井戸丸を過ぎると、ようやく木立を抜けて、いよいよ本丸の石垣が見えてきました。
宇和島観光2014.5.4-8 二の丸下の石垣

この日はお天気が良かったので、石垣と青空がきれ~ですね。
宇和島観光2014.5.4-9 御書物矢倉跡

大きな切り株の上に上って、はいポーズ(笑)

二の丸跡から、実家方面をパチリ
宇和島観光2014.5.4-10 二の丸からの眺め
実は、この中に実家が写ってます

宇和島観光2014.5.4-11 一の門跡 宇和島観光2014.5.4-12 御大所跡

最後は、一段の高さがが40cmくらいある石段を登って、天守のある広場に到着。

宇和島観光2014.5.4-13 天守閣

天守閣のすぐ手前にも井戸があります。
井戸の上は藤棚になっていて、花が咲いている季節はとても美しいです。

宇和島城、三層の小さなお城ですが、築城の名手と言われた藤堂高虎が初めて手掛けた城と言われています
現存12城の1つで、重要文化財に指定されており、日本100名城の1つでもあるんですよ。

天守閣の中にも入ってみました。
入城は、大人200円子供100円です
宇和島観光2014.5.4-14 天守内の階段

下にいるのが姪っ子ちゃんとダーリン。
階段は梯子と変わらないくらい急なので、上る時はいいけど、下りる時はちょっと怖いです。

私がこの写真を撮っている時、小さな女の子が下りられなくなって「怖い!怖い!」と泣いてましたが、お母さんは下の子を抱っこしてたので困り果ててました。
私やダーリンが手助けしようか?とも思ったんですが、下手に手を貸して一緒に落ちちゃったり、子供さんに怪我でもさせたら大変ですしね~
お母さんのお友達?が一緒だったので、最後はどうにか下してましたけど…

小さなお子さんやお年寄りは、かなり気を付けた方がいいと思います。

広場で天守閣の写真を撮っていると、ガイドのおじさんが
「二の丸から石垣を入れて見上げるように天守閣を入れるのがベストショット」
と教えてくれました

教えてもらったように撮影してみましたよ。
宇和島観光2014.5.4-15 二の門から見る天守閣

どうでしょう?
広場から天守閣を撮影すると、小さくて可愛らしいお城に見えますが(笑)、ここから石垣を入れて撮影すると、なんだか立派なお城に見えてきますね
現存する石垣が自慢でもある宇和島城ならでは?かもしれません。

帰りは「上り立ち門」手前の降り口から出て、「護国神社」に立ち寄ってみました。
宇和島観光2014.5.4-16 護国神社

参拝を済ませたら、次は「伊達博物館」を目指します。
母校の前を通ったので、懐かしくてパチリ
タイミング悪くトラック通過(笑)
実はこの母校、「セカチュー」の舞台だったりします

宇和島観光2014.5.4-17 母校

私が卒業した後に一部改築されちゃって、通学していた当時とはほんの少し趣が変わっています。
改築時に無くなってしまったけど、当時は校内に「うどん場」と呼ばれる食堂があって、かけうどん1杯(確か)130円で食べられたんですよ。
持参のお弁当だけでは食べ足らず(笑)、追加でうどんを食す生徒で毎日ごった返してました。
しかも一日限定○食(忘れたけど・笑)なので、早い者勝ちだったし

母校前でダーリンに↑こんな話をしながら歩くこと1分。
伊達博物館前に到着
※伊達博物館公式HPはコチラ

宇和島観光2014.5.4-18 伊達博物館

今回の目的は↓コレ
宇和島観光2014.5.4-19 特別展看板

重要文化財「豊臣秀吉画像」の一般公開です
毎年この季節に2週間だけ公開されているらしいのですが、今回初めての鑑賞。

宇和島観光2014.5.4-20 顔入れ看板

見つけたらやらずに帰れない私(笑)
しかし、子供用なのか?もの凄く屈まないと顔が入れられなくて、めっちゃしんどかった

宇和島観光2014.5.4-21 博物館ロビー

館内は撮影禁止なので、ロビーでパチリ
宇和島藩「伊達家」の家紋は「竹に雀」です。

宇和島観光2014.5.4-22 伊達家家紋

伊達博物館を出たら、今度は「天赦園(てんしゃえん)」に向かいます。
と言っても、またしても徒歩1分(笑)
伊達博物館とは道路を挟んで、ほぼ隣接してるんです。
※天赦園公式ブログはコチラ

宇和島観光2014.5.4-23 天赦園 宇和島観光2014.5.4-24 入口

天赦園は、日本各地に残る「大名庭園」の1つで、国の名勝にも指定されてるんですよ

宇和島観光2014.5.4-25 宇和島観光2014.5.4-26 園内中央の池&鯉

遠足で何度もここに来てきる姪っ子ちゃん、鯉のエサを持ってすたすたと池に向かいます(笑)
アッという間に、すごい数の鯉が群がってきました
ここの鯉は、人が近づいてくるとエサを貰えると知っているらしく(笑)、実はエサを持ってなくても寄ってきちゃったりしますが

GW中だったので、お茶席も設けられてました。

宇和島観光2014.5.4-27 お茶席

藤の花はだいぶ散ってましたが、黄ショウブの花が咲いてました。

宇和島観光2014.5.4-28 藤と黄ショウブ

園内には、伊達家の家紋にちなんで、たくさん種類の竹が植えられています。
風が吹くと、この竹がザワザワ揺れて、なんだかおとぎ話の中の世界のように幻想的な雰囲気になります。

宇和島観光2014.5.4-29 石碑と竹林

天赦園内で一番有名なのが、池に架かる太鼓橋の白上り藤
見頃の季節は4月中旬頃なので、残念ながらすでに散ってましたが、水面に映る緑がキレイですね。
宇和島観光2014.5.4-30 太鼓橋と上り藤

30分ほど園内を散策して、さぁそろそろ帰ろうか?と思っていたら、母から電話がかかってきましたよ。
「今どこ? もうお昼ご飯やから、早く帰っといで~」だって(笑)
「はいはい。」
ここから徒歩5分で実家到着で~す

10:00に出発して12:00過ぎに帰宅。
約2時間の徒歩観光でしたが、思いのほか楽しめましたよ(笑)

姪っ子ちゃんはどこに行っても、窓口やガイドの人に大きな声で
「こんにちは」
「ありがとうございました」

と挨拶できるので、連れていた私達も何だか嬉しかったです。

宇和島市は小さな街ですが、まだまだ素敵な場所があるので、機会があればまたご紹介したいと思います。


ブログランキングに参加しています。
日曜日は両親の金婚式でした。
久しぶりに13人勢揃いでお祝いできて、素敵な一日になりました
>この投票ボタンをポチッと押していただけると嬉しいで~す。
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。